竹内栖鳳「紅梅小禽」s額

竹内栖鳳「紅梅小禽」s額 竹内栖鳳「紅梅小禽」リトグラフ額s
技法 リトグラフ
画寸 38.0 × 45.0 cm
制作年 1996年
限定部数 300
工房 MMG
在庫あり
竹内栖鳳作品「紅梅小禽」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、竹内栖鳳作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

竹内栖鳳について

京都に生まれる。幸野楳嶺に師事、内国勧業博覧会など受賞を重ねる。
はじめ棲鳳と号したが、明治33年渡欧後に栖鳳と改号。渡欧を機に西洋画法を積極的に摂取。大正2年帝室技芸員、昭和12年文化勲章受章。京都画壇で指導的役割を果たし、多くの逸材を育て、近代日本画の発展に尽くした。

竹内栖鳳の略歴