平山郁夫「ブルーモスク」木版画

平山郁夫「ブルーモスク」木版画 ブルーモスク

スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)は、トルコのイスタンブルを代表するモスクで、世界遺産であるイスタンブルの歴史地区の歴史的建造物群のひとつ。オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。設計はメフメト・アー。「世界で最も美しいモスク」と評される。
世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる。

技法 木版画
画寸 29.3 × 42.8 cm
制作年 1991年
限定部数 250
版元 アダチ版画研究所
取材先 トルコ・イスタンブール
予約中
平山郁夫作品「ブルーモスク」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、平山郁夫作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

平山郁夫について

平和への祈りに根ざし、仏教やシルクロード、世界の文化遺産などをテーマに、人類の悠久の歴史を壮大なスケールで描いた。また世界各地を取材していく過程で、貴重な文化遺産を災禍から守り後世に伝えようと「文化財赤十字」構想を提唱、その活動業績は世界でも高く評価されています。東京藝術大学の学長として後進を指導した。広島県出身の日本画家

平山郁夫の略歴