前のページに戻る
リャド「緑の橋」シルクスクリーンs額

リャド「緑の橋」シルクスクリーンs額 緑の橋(ジヴェルニー) PUENTE HACIA EL LAGO リャド「緑の橋」sシルクスクリーン

パリ郊外ノルマンディー地方の入口に位置するジヴェルニーは印象派の巨匠クロード・モネが1883年から1926年まで住んだ家がある村です。息子によって美術アカデミーに寄贈され、大規模な修復工事を経て、1980年にクロード・モネ財団として開館。広大な庭に植えられた季節折々の美しい花々花咲き乱れる。この庭園はモネ自らが設計したもの。しだれ柳が水面に影を落とす蓮池がまさに「睡蓮」の世界を思わせる情景となっている。

技法 シルクスクリーン
画寸 66.0 × 66.0 cm
制作年 1993年
サイン 本人サイン
在庫あり
トレンツ・リャド作品「緑の橋(ジヴェルニー) PUENTE HACIA EL LAGO」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、トレンツ・リャド作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

トレンツ・リャドについて

肖像画にも仕事を残し、カルロス国王(スペイン)、カロリーヌ公女(モナコ)など、王族や各国著名人の肖像を手がけた。
巨匠ベラスケスの流れを受け継ぎ、完璧なテクニックで描くクラシカルな肖像画や、その一方で「現代の印象派」ともいうべきモダニズムあふれる風景画を描いた。 それぞれ作風を受け継ぐ作家は大勢いても、相反する二つの流れを見事なまでの高い完成度で見せつけた画家は、恐らくリャドの他にはいないだろう。

トレンツ・リャドの略歴