前のページに戻る
ヴラマンク「花瓶と花束(ギー・スピッツァー版)sリトグラフ

技法 銅版画
画寸 43.0 × 34.8 cm
額寸 74.8 × 62.4 cm
制作年 1955年
限定部数 HC30
サイン 本人サイン
版元 Guy Spitzer
在庫あり
ヴラマンク作品「花瓶と花束」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、ヴラマンク作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

ヴラマンクについて

パリに生まれる。両親とも音楽家。田園生活の中で見出した雪深い寒村の冬景色は、自らの性向に相応しい表現様式を確立させたヴラマンクにとって、内に秘めた孤独感や情念を表現する格好のモティーフとなった。音楽、スポーツのほか、小説や詩作を行い、絵画論もものする多才な画家であった。 独学で絵を学び、当初はゴッホの影響で独特な色彩感覚に、その後、セザンヌの影響を受け、暗い色調の風景画へと移る。 「本能こそ芸術の本質」と言って、自由で大胆な画風を作りだした。

ヴラマンクの略歴