前のページに戻る
児玉幸雄「ガルダ湖(イタリー)」s油彩6号

ガルダ湖 は、別名ベナーコ 湖ともいわれイタリアで最も面積の広い湖である。南北に52Km、東西の一番広いところは18Kmで、面積は約370km²で、ブレシア県、ヴェローナ県、トレント県の水脈になっている。 湖北部は細長く、大部分はバルド群に属する山々に囲まれている。

技法 油彩
画寸 6号(31.8 × 41.0 cm)
額寸 49.3 × 58.5 cm
鑑定書 東京美術倶楽部鑑定書
取材先 イタリア北部
在庫あり
児玉幸雄作品「ガルダ湖(イタリー)」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、児玉幸雄作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

児玉幸雄について

田村孝之介に師事する。関西学院大学経済学部在学中に二科展に初入選。戦後は二紀会に参加し二紀会委員となる。渡欧を重ね、街頭や庶民の姿を多く描いた。

児玉幸雄の略歴