篠田「from a distance」s

技法 リトグラフ 手彩
画寸 30.0 × 20.0 cm
サイン 本人サイン
売却済
篠田桃紅作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

篠田桃紅について

幼いころから書を学び、戦後に入り本格的に創作活動を再開しますが、その作品は既成の書道にとらわれない墨を使った抽象芸術へと移行していきます。ニューヨークを拠点に全米をはじめヨーロッパ各地で個展を開催し、第2次世界大戦後、墨を使った抽象美術家としていち早く国際的に高い評価を受けた日本人芸術家の1人となる
帰国後もレリーフ・壁画などの建築物に関わる大作を手がける一方、版画・題字・随筆などさまざまな分野に活動を広げていきました。多くの作品が、国内外の美術館や公共施設に収蔵されています。 桃紅は現在も国内外において個展を開催し、精力的に創作活動をおこなっている。

篠田桃紅の略歴