南桂子「秋の木」s銅版画

技法 銅版画
画寸 33.6 × 28.3 cm
額寸 64.7 × 49.5 cm
制作年 1978年
限定部数 100
サイン 本人サイン
売却済
南桂子作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

南桂子について

少女といったモチーフを繊細なエッチングの技法で描き、ユニセフやユネスコのカードなどにも使用され、国際的にも活躍した。
夫であり、銅版画家としても国際的に有名な浜口陽三と出会ってからエッチングの制作に力を入れ、細やかな線で透明感があり、どこかノスタルジックな雰囲気の世界を作りあげている。
東京国立近代美術館をはじめとして、海外の美術館でも所蔵されている。
近年では若い世代からも支持を集めている。

南桂子の略歴