前のページに戻る
パラディーノ「ピノキオ:TEATROO」s2ミクスドメディア

パラディーノ「ピノキオ:TEATROO」s2ミクスドメディア ミンモ・パラディーノ「ピノッキオの冒険」写真 ミンモ・パラディーノ「ピノッキオの冒険」会場

「ピノッキオの冒険」(2004年出版)の図版を版画にした作品 : 高松市美術館、呉市美術館、和歌山県立近代美術館ほかで開催された展覧会に際して日本語およびイタリア語にて刊行されたもの。本書にはイタリアの現代作家ミンモ・パラディーノが展覧会にあわせて 製作した32点の挿絵(カラー図版)と、『ピノッキオの冒険』の物語が収録されています。序文は、エンツォ・ディ・マルティーノ。

技法 ミクストメディア
画寸 59.0 × 44.5 cm
額寸 74.3 × 58.4 cm
限定部数 100
サイン 本人サイン
売却済
ミンモ・パラディーノ作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

ミンモ・パラディーノについて

パラディーノは南イタリアのパドゥーリに生まれた。世界の美術シーンでミニマリズムとコンセプチュアル・アートが支配的だった1964年から1968年まで、ベネヴェント美術学校で学んだ。パラディーノは1980年代イタリア中に吹き荒れた「トランスアバンギャルド」として知られる表現主義リバイバルの一翼を担った。1977年にミラノに、それから1978年にニューヨークに移った。1980年にヴェネツィア・ビエンナーレ、1982年にビエンナーレ・オブ・シドニーとカッセルで開かれたドクメンタ7に出展した。

ミンモ・パラディーノの略歴