Up In the Air_bs

Up In the Air_bs 31zagEFyx3L[1]
技法 ジークレー
画寸 61.0 × 20.3 cm
額寸 78.6 × 37.8 cm
限定部数 95
サイン 本人サイン
売却済

ジェームス・コールマンについて

1949年カリフォルニア州ハリウッドで生まれました。幼少期から空想や発明の日々を送っていた彼は、大人になるにつれ映画制作とアートに強い情熱を抱くようになります。1969年、ウォルト・ディズニー・スタジオに入り、アニメーションの背景画を描き始めました。彼の創造力は誰もが認めるものであり、最初の映画『プーさんとティガー』では、背景画を描くだけではなく、そのデザインや色彩にも深く携わりました。初めて指揮をとった映画『ビアンカの大冒険』の完成後、ついに彼は、背景画部門の総責任者の座を手にし、17年近くその仕事に没頭しました。短編も含めると、40作品以上のディズニー映画を手がけ、アカデミー受賞作『美女と野獣』をはじめ、『リトル・マーメイド』など数々の背景画に命を吹き込んだのです。1991年、彼は残りの人生と才能を画家として生きることに捧げようと決め、22年間務めたスタジオを去ります。今日、深い色彩と光を巧みに操るジェームス・コールマンの作品は、生気溢れる神秘的な世界を生み出し、多くの人々を魅了し続けています。また、彼は国立公園や環境団体に関わる自然を愛する環境保護論者でもあります。自然を愛する彼が30年以上かけて築き上げた功績は映画界、アート界のみならず、我々の住むこの地球の自然界にも及んでいます。

ジェームス・コールマンの略歴