山口華楊「水蜜桃」木版画

技法 木版画
画寸 31.3 × 44.5 cm
額寸 51.5 × 63.5 cm
制作年 1983年
限定部数 250
サイン 山口華楊 承認印
売却済
山口華楊作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

山口華楊について

師・五雲や栖鳳から受け継いだ円山・四条派の写生の伝統に、絵専で学んだ近代西洋画や革新的な日本画の知識を取り入れて新しい時代にふさわしい花鳥画を産み出し、近代的な構成を持つ独自の動物画を完成させた。京都市立美術専門学校で長く教鞭をとり、さらに西村五雲急逝後は五雲塾晨鳥社を解散して研究団体晨鳥社を新たに結成し、後進の育成に努めた。

山口華楊の略歴