吉原治良「黒地に白丸」銅版画

吉原治良「黒地に白丸」銅版画 吉原治良「黒地に白丸」銅版画壁掛け
技法 銅版画
画寸 26.0 × 17.7 cm
額寸 55.0 × 43.6 cm
制作年 1967年
限定部数 50
サイン 本人サイン
売却済
吉原治良作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

吉原治良について

前衛美術のパイオニアでありつづけた画家。若い画家たちと具体美術協会を立ち上げ、リーダーとして活動。戦後日本の前衛美術をダイナミックに切り開き、先導してきた。海外でも評価がきわめて高い。

吉原治良の略歴