前のページに戻る
笹倉鉄平「「永遠に」の為の習作」sデッサン・パステル

長野県北佐久郡軽井沢町の六本辻近くにある池。地元では「おみずばた」と呼ばれ、「スワンレイク」という愛称も持つ 細長い形状からデーランボーという巨人の足跡という伝説が残るが、近世にホテル鹿島ノ森の敷地内に湧く御膳水を源とする小川をせき止めて誕生した池である。 池畔に遊歩道が廻らされるなど池の周囲は雲場池園地として整備されており、周辺に点在する外人墓地や美術館等の施設とともに軽井沢の観光コースとなっている

技法 パステル 原画
画寸 38.5 × 24.0 cm
額寸 74.5 × 59.0 cm
制作年 1996年
サイン 本人サイン
取材先 軽井沢:雲場池
備考 作品保証書
売却済
笹倉鉄平作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

笹倉鉄平について

旅情と優しい光あふれるその情景画は、"心に安らぎをもたらす"絵として、老若男女幅広い層で多くの支持を得ている。また、画家デビュー以来、180作品以上の版画や、画集・詩画集・図録、DVD作品集等が出版され、ポスターやジグソーパズル、ポストカード、カレンダー等のアートグッズも人気が高い。 近年では、フランス、中国、イタリア等にて開催した展覧会も成功を収め、日本人の美意識や優しさを、その美しい情景画を通して海外へ伝えている。

笹倉鉄平の略歴