加山又造「白衣の裸婦」s銅版画

技法 銅版画
画寸 12.7 × 19.1 cm
額寸 36.2 × 43.8 cm
制作年 1987年
限定部数 95
サイン 本人サイン
売却済
加山又造作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

加山又造について

常に意欲的で斬新な創作活動を続け、動物画シリーズや裸婦画への執着、水墨画への傾倒など変幻自在な展開は、日本画に立脚したあくなき表現の可能性への挑戦といえる。その大胆な意匠化と豪華な色彩による花鳥や山水や裸婦の単純な構成は「現代の琳派」と称されている。また絵画のみにとどまらず、陶器の絵付、壁画、天井画、各種の装飾デザインと多岐にわたっている。日本画の伝統的な様式美を現代的な感覚で表現し、現代の日本画に多大な影響を与えた。

加山又造の略歴