青山亘幹「先笄」日本画4号

先笄(さっこ、さきこうがい)は江戸時代後期に上方を中心に西日本の町家の若い既婚女性によく結われた髷(喜田川 守貞『守貞謾稿』によると現在の愛知県岡崎市内にあったある村の西と東で既婚女性が「先笄」「両輪」に結う地域と「丸髷」に結う地域の二手に分かれた。)。 一般には明治の末頃まで結われたという。 現代では舞妓が衿替え(舞妓から芸妓になること)直前の挨拶回りに結う(町家のものとはやや形が異なっている)。

技法 日本画
画寸 4号(33.3 × 24.2 cm)
額寸 51.5 × 42.4 cm
サイン 共シール
売却済
青山亘幹作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。