小野竹喬「松丘」日本画

技法 日本画
画寸 42.5 × 29.0 cm
額寸 65.5 × 52.5 cm
売却済
小野竹喬作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

小野竹喬について

近現代日本画を代表する日本画家です。14歳から89歳にいたる75年間の画業を通して、日本の自然の美しさを描き続けました。竹内栖鳳に師事し、1918(大正7)年に京都で設立された国画創作協会の設立メンバーの一人として、日本画の新しい表現を模索した。他方、後年には、温雅な色彩と簡潔なかたちを特徴とする画風を打ち立て、さりげない自然の表情に眼を向け続けました。

小野竹喬の略歴