林喜市郎「飛騨白川郷」油彩10号

岐阜県(飛騨国)内の庄川流域にある白川郷(白川郷合掌造集落)。
白川郷の集落は、1995年に世界文化遺産に登録された。
合掌造りは、茅葺(かやぶき)の角度の急な切妻屋根が大きな特徴となっています。屋根の形が合掌した時の手の形に似ているところから、合掌造りと言われるようになったと伝わっています。

技法 油彩
画寸 10号(45.5 × 53.0 cm)
額寸 68.0 × 75.5 cm
取材先 岐阜県大野郡白川村
売却済
林喜市郎作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

林喜市郎について

シベリアに拘留されるも、敗戦とともに帰国し、日本の原風景(萱葺きの民家)を描き続けた。季節の流れを感じさせる透明感のある色彩で描かれた、郷愁を呼ぶ懐かしい民家の作品は、単なる風景画ではなく、日本人の遺伝子の中にあるアニミズム信仰、自然と共に生きることの大切さを描いている。

林喜市郎の略歴