小川破笠s

小川破笠s 16 (9)s

おがわはりつ(1663-1747)-「江戸時代の漆芸家」とされる。蒔絵に鉛・金・銀・銅・鉄・陶器片・象牙・ギヤマン(硝子)など、多種多様な美しい異物を混然と嵌入して、時にはその上にさらに蒔絵を凝らすという、独自のいわゆる一種の蒔絵破笠細工(笠翁細工)を生み出し、派手好みだった当時の人々に大歓迎を受けた。

技法 彫像
画寸 43.0 × 55.5 cm
売却済
古美術工芸作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。