岩波昭彦「東寺」日本画10号

東寺は、京都市南区九条町にある仏教寺院。真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある。「教王護国寺」とも呼ばれる。山号は八幡山。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋。 東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。

技法 日本画
画寸 10号(53.0 × 45.5 cm)
額寸 71.5 × 59.5 cm
サイン 共シール
売却済
岩波昭彦作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。