中路融人「赤富士」s日本画10号

日本の象徴として広く知られている。数多くの芸術作品の題材とされ、芸術面でも大きな影響を与えた。2013年には関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録された。実際に赤い富士山が見られる機会は数少ないというが、何十年も写生に行っている中路さんは、実物の富士山から得た心象風景をもとに神秘性を再現した。

技法 日本画
画寸 10号(45.5 × 53.0 cm)
額寸 60.2 × 72.4 cm
サイン 共シール
売却済
中路融人作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。