横山大観「霊峰飛鶴2」s木版画

技法 木版画
画寸 34.9 × 47.0 cm
額寸 57.8 × 69.8 cm
限定部数 200
売却済
横山大観作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

横山大観について

東京美術学校の第1回生として入学して以来、明治から大正、昭和の戦前戦後を通じて活躍を続け、近代画家としての「日本画」を確立した。
琳派、水墨画などに学び、朦朧体と呼ばれる描線を抑えた独特の没線描法を確立。自らの絵画世界を築いて数々の名品を生み出しました。

横山大観の略歴