前のページに戻る
ルノワール「少女イレーヌ」sリトグラフ

技法 リトグラフ
画寸 65.0 × 49.5 cm
額寸 91.0 × 73.5 cm
限定部数 300
サイン 刷り師サイン
売却済
ルノワール作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

ルノワールについて

印象派の中でも特に名が知られた同派を代表する巨匠。しばしば女性的と直喩される流動的かつ奔放な筆勢や、明瞭で多様な色彩、豊潤で官能的な裸婦の表現、揺らめく木漏れ日による人物や風景への効果を研究した斑点状の描写など特徴的な表現で数多くの作品を制作。その後、50歳を前にしてリウマチを患うと、温暖な気候を求めて南フランスのカーニュ=シュル=メールに拠点を移します。地中海沿岸の強い光と豊かな自然に刺激されたルノワールは、痛む右手に絵筆を縛りつけて精力的に制作に取り組み、溶け合うような柔らかなタッチと色彩が響き合う女性像や裸婦像を生み出しました。こうした作品は批評家やコレクターの絶賛を浴び、後世の画家にも強い影響を与えました。

ルノワールの略歴